米マイクロソフトは2017年2月21日(米国時間)、Microsoft Azureのコンテナクラスタリングサービス「Azure Container Service(ACS)」で、2月22日にKubernetesを一般提供開始すると、ブログポストで明らかにした。ACSでは既にDocker Swarm、DC/OSを一般提供しており、これによって主要な3つのコンテナオーケストレータを本格利用できる唯一のクラウドサービスになったとしている。

マイクロソフトは同時に、Windows Serverコンテナを対象としたKubernetesによるオーケストレーションの、プレビュー提供を開始したことを明らかにしている。これは最新のKubernetesにおけるWindows Serverコンテナ対応を受けたもの。Windows Serverコンテナに関して、ACSでは2016年にDocker Swarmでのオーケストレーションをプレビュー提供している。今回の発表により、コンテナでWindows Serverを使いたいユーザーは、プレビュー段階ながらDocker Swarm、Kubernetesの2つのコンテナオーケストレータから選択できることになった。

ACSエンジンにおけるLinuxコンテナとWindowsコンテナのハイブリッド構成サポートについても検証が進められており、数カ月以内に一般提供を開始したいと、ブレンダン・バーンズ(Brandan Burns)氏は別のブログポストで語っている。

一方、DC/OSについてはバージョン1.8.1をサポートしたという。新バージョンではMetronomeという新たなオーケストレーションフレームワークを採用。ユニバーサルコンテナランタイムではGPU、コンテナネットワーキングではCNIに対応しているという。