Microsoftはこれまでに、Intel製およびAMD製の最新チップを搭載する新しいコンピュータでは「Windows 10」しかサポートしないことを警告していた。今回ついに、その移行の時期が来たようだ。

予定されている「Windows 10 Creators Update」のリリースを前に、Intelの第7世代「Kaby Lake」チップとAMDの「Ryzen」チップを搭載する新しいシステムのユーザーらから、「Windows 7」や「Windows 8.1」のアップデートが来なくなったという報告が寄せられている。Microsoftのウェブサイトによると、新しいハードウェアでは最終的に、Windows 10しかサポートされないようになることはかなり以前から明らかにされている。新しいハードウェアには、Intelの第7世代チップ、AMDのRyzen、Qualcommの「8996」シリーズのチップが含まれる。

古いハードウェアを搭載するシステムにはこれまでどおり、アップデートが提供されるはずだ。前世代のCPU(Intelの第6世代「Skylake」)の場合、Windows 7は2020年1月14日、Windows 8.1は2023年1月10日までサポートされる予定だ。

 

 

【関連記事】

Windows Vistaのサポート期限があと20日に迫る 2017年4月11日終了