米Microsoft Corporationは12日(現地時間)、公式ブログ“Microsoft Edge Dev Blog”で、「Internet Explorer 11」における「VBScript」の実行を無効化したことを明らかにした。「Windows 10 Creators Update」および4月の月例アップデートから導入されている。



   「Internet Explorer 11」では「VBScript」の利用が推奨されておらず、標準のドキュメントモードでページが表示されている場合は、これまでも「VBScript」が無効化されていた。ただし、下位互換性を保つための一時的な措置として、それ以外のドキュメントモードでは例外的に「VBScript」の実行が許可されていた。

   しかし、最新版の「Windows 10」ではすべてのドキュメントモードで「VBScript」の実行をブロックするオプションが導入されているという。同社は「VBScript」に依存するすべてのページを更新することを推奨している。

   そのほかにも、「Windows 10 Creators Update」の「Internet Explorer 11」ではタブバーの右端に[Microsoft Edge を開く]ボタンが追加されている。このボタンは単に「Microsoft Edge」の“スタート ページ”を開くだけのもので、不要な場合は「インターネット オプション」から無効化することもできる。

 

 

 

【関連記事】

「Windows 10」のプライバシー設定についてMicrosoftが説明

Windows 10の「Creators Update」は4月11日配信スタート