米Microsoftは12日(現地時間)、Windows 10 Insider Preview「Build 16288」をFast ringで公開した。

Microsoftによれば、今回のビルドからデスクトップ上でビルド番号やWindowsのバージョンを示すウォータマークが消えているとのこと。また、Fall Creators Updateのバージョンは「1709」に決定されたとしている(Creators Updateは1703で、Build 15063)。

ただし、このビルドは最終版ではなく、Fall Creators Updateに向けたビルドのリリースはまだ続くという。

前回のビルドに引き続き、今回も正式版に向けた細かなバグ修正がおもだった内容となっている。

 

 

 

関連記事】

Windows 10“Enterprise限定”の高度なセキュリティ機能として登場した「Device Guard」

Windows 10でタスクバーを自動的に隠すように設定する