Windows 10でファイルをコピーしたときの挙動が変わったため、注意が必要だ。ファイルをコピーした後、元に戻すショートカットキーの「Ctrl+Z」を押すと、コピーしたファイルが削除されるというものだ。まぁ、当然の動作なのだが、以前は「完全に削除しますか?」と確認してくれたのに、即処理されるのがネックになっている。

これは、コピーしたファイルを開いて、編集した後でも有効になっている。やり直すショートカットキーのCtrl+Yを押すと、ファイルが復活するものの、開いてみると編集前の状態になっている。Ctrl+Zの元に戻す動作を頻繁に使う人は、ファイルコピー後の操作に注意する必要がある。

ちなみに、ファイルを移動した場合、移動後に編集して保存。Ctrl+Zを押すとファイルは消える。しかし、もう一度Ctrl+Yでファイルを復活させると、今度は編集後の情報が残っている。これは、移動元の所にファイルが復活する際、編集後の内容に変わっているため。これはこれで正確には元に戻す動作になっていないので、どうかと思うが挙動は挙動。マイクロソフトが対策するまで、このまま使い続けるしかない。

これでズバッと解決!

ファイルコピー後にCtrl+Zキーで元に戻すと、コピー操作がなかったことになるのでファイルが消去される。ファイルを編集した後でも有効なので、ファイルの喪失に注意! ファイルの移動をした場合は、Ctrl+Yで復活可能。

 

 

 

関連記事】

Mac用音楽プレーヤー「Audirvana Plus 3.2」で、SoXアップサンプラー搭載

Windows 7でアップデートに失敗する不具合が発生中